【初心者】イラストがうまくなりたい!実際に自分が買ってよかったおすすめ本5選

私は小学生の頃からイラストを描くのが好きでした。

 

当時からイラストの描き方などの本を読まず独学で描いてきた私ですが、社会人になったある日、イラストが本当にうまくなりたいー!と思うことがありました。

アニメ「進撃の巨人」のオープニングでキャラクターがビュンビュンと動いている様子を見て、私もいろいろな角度から動きのあるイラストを描けるようになりたい!と思ったのです。

それから約5年。人体の動きやイラストの描き方を、私は主に本を参考にして吸収してきました。

そこで今回は、これまで買い集めた本の中から、実際にイラストの上達に役立った本を5冊ご紹介します。

イラスト上達おすすめ本5選

【人体構造を知る】人体のデッサン技法

人を描こうとしたとき、「人ってどんな構造でできているんだろう?」と思ったことが、一度はあるのではないでしょうか。

こちらの本は、人体の構造と描き方をパーツごとに説明しています

全身はもちろん、頭、髪、顔、首、肩、胴体、腕、手、脚、足、衣類の描き方も丁寧に説明されています。 さらに、骨や筋肉の解説もありますので、肉の付き方がどうなっているのかも勉強することができます。

人体の構造や描き方を一から丁寧に勉強したい方におすすめです。

【キャラクターの描き方を知る】スーパーマンガデッサン – 作画のための考えるデッサン –

キャラクターの描き方を勉強するのに最適な本です。

まず「デッサンとマンガデッサンの違い」の説明からはじまります。

従来の「デッサン」には「リアルさ」がありますが、マンガの世界はデフォルメされたキャラクターが描かれています。 そのデフォルメされたキャラクターを描く方法、つまり「マンガデッサン」でキャラクターを描く方法について勉強することができます

「デッサン」と付いていることもあり、人体の構造や筋肉の動きの説明も記載されています。

「リアル」からどうのように「デフォルメ」へ変換するのかを、各パーツごとに学べます。 さらに、男女の描き分け方やスタイル別のキャラクターの描き方、衣類の描き方などキャラクターを描く上で知っておきたいことが書かれています。

【ポーズのとらせ方を知る】絵になるキャラポーズの法則 -コントラポストを応用した画期的なポーズの基本 –

いつもキャラクターが棒立ち、ポーズをとらせてもバランスが悪いなど、ポーズについて悩んでいる人向けの本です。

人体のポーズを美しく見せる「コントラポスト」という法則を使い、キャラクターを魅力的に描く方法が説明されています。

立っているとき、座っているとき、寝そべっているときのキャラクターのバランスのとり方や、そのときの骨格(肩と腰)の動きについて勉強することができます。さらに、本の後半にはスポーツをしているときや小道具を持ったときのポーズの描き方を、コントラポストを用いてイラスト付きで説明がされています。

かわいい女性キャラクターの描き方がメインですが、コントラポストの基礎知識は男性キャラクターにも応用でできます。

ポーズのとらせ方を勉強したい人におすすめです。

【イラストのポイントを知る】アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術

キャラクターの描き方を、ポイントを絞ってまとめられている本です。

上述した「スーパーマンガデッサン」と「絵になるキャラポーズの法則」の内容をさっと学べるような構成になっています。

本の前半は、キャラクターの描き方を「”抽象化”してから”細部”を描く」をポイントに説明がされています。

後半は、ポーズを描き方を「重心の変化」をポイントに説明がされています。 さらに、自然の中、部屋の中といった「空間」を意識したキャラクターの描き方も記載されています。

イラストが多く、説明もポイントを絞って簡潔に書かれているため、とてもとっつきやすい本になっています。

これからイラストを描きたいという初心者の方におすすめです。

【多彩なアングルから見る】ハイパーアングルポーズ集

真上や真下からなど、普段見ることができない角度から人を見ることができるポーズ集です。

デッサンをしたい、筋肉の付き方を勉強したい、高度なポーズを描けるようになりたいなど、さまざまな人におすすめできる本です。

CD-ROMが付属しており、パソコン上でもポーズ集を見ることができます。

まとめ

以上、おすすめのイラスト上達本を紹介しました。

イラストを描いて出てくる課題は人それぞれだと思います。

課題に合わせて自分に最適な本を読み、イラストの向上にぜひつなげてほしいと思います。